書籍・論文情報

書籍情報

『原発安全革命』古川 和男 (著)

これまでの原発とは原理が全く違う、きわめて安全な原発がある。しかも発電効率もずっと高い。違いは「液体燃料を使う」「トリウムを燃やす」「小型化する」の三点だ。「原発は不安、でもエネルギーは必要」というのが今の現実。ならば、これで既存の原発に置き換えようではないか。

出版社 : 文藝春秋 (2011/5/20)
発売日 : 2011/5/20
言語 : 日本語
単行本 : 247ページ

『トリウム原子炉革命 古川和男・ヒロシマからの出発』長瀬 隆 (著)

脱原発か?再稼働か?不毛な対立を超える第三の道!プルトニウムの消滅処理をしながら、平和で安全な原子力エネルギーに転換させる道がここにある!-渾身の書。

出版社 : 展望社 (2014/8/15)
発売日 : 2014/8/15
言語 : 日本語
単行本(ソフトカバー) : 238ページ

『プルトニウム消滅 ! 脱原発の新思考』森中 定治 (著)

史上最悪の環境汚染物質プルトニウムを消す技術を知っていますか?生物学者が生命から語る人類の未来像。

出版社 : 展望社 (2012/6/22)
発売日 : 2012/6/22
言語 : 日本語
単行本(ソフトカバー) : 235ページ

論文情報

『Molten Salt Reactors and Thorium Energy』Woodhead Publishing Series in Energy

Molten Salt Reactors is a comprehensive reference on the status of molten salt reactor (MSR) research and thorium fuel utilization.
トリウム熔融塩炉に関する世界で唯一の教科書で、日本から全体の1/4に当たる約200頁を寄稿。 T.J.Dolan 編集

出版社 : Woodhead Publishing; 第1版 (2017/7/8)
発売日 : 2017/7/8
言語 : 英語
ハードカバー : 840ページ

『Advances in Small Modular Reactor Technology』IAEA(国際原子力機関)

IAEA(国際原子力機関)が発行している小型モジュール炉の紹介に、2016年、初めて熔融塩炉(日本のFUJIを含めて5件)が掲載(英文)。
FUJI炉については345ページ以降に掲載。